img-1

過払い金が発生した原因

貸金業法が2010年に改正されたことによって、「グレーゾーン金利」が撤廃されることとなりました。
日本には2つの金利を定める法律がありました。
1つは出資法。


上限金利が29.2%となっています。

大阪の遺言の情報探しはこのサイトから初めてください。

もう1つは利息制限法。
こちらは契約額に応じて、10万円未満であれば20%、100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%と、段階的に金利が定められています。

相続放棄のための相談情報選びを親身になってアドバイスいたします。

グレーゾーン金利とは出資法の上限金利である29.2%と、利息制限法の間にある金利帯のことです。


貸金業法の改正によって利息制限法を適用することとなり、グレーゾーン金利で支払いをしていた人は多くお金を払っていたことになったのです。

知って大満足の京都の交通事故に関する特集の情報が満載です。

これが過払い金です。
法律が改正されたのは2010年ですが、グレーゾーン金利の撤廃は過去に遡ることができます。

そのため契約が古い人ほど過払い金が多く発生し、中には借金が全額なくなるばかりか、お金が返ってくるようなケースもありました。

不動産の弁護士といえばこちらのサイトです。

過払い金を支払わなくてはいけなくなった消費者金融は急激に経営状態が悪化しました。

人気のある横浜の法律相談の情報を掲載しませんか。

多くの大手消費者金融は銀行の傘下となることで経営難を乗り越えましたが、それでも過払い金問題を発端として多くの消費者金融が倒産しました。

https://news.allabout.co.jp/articles/d/73722/

倒産してしまうと過払い金請求をしてもお金が戻ってこなくなってしまうこともあるため、急いで請求する人が増えました。

http://name.m3q.jp/list?s=%E7%84%A1&g=1&page=1

このことも経営の悪化に拍車をかけた原因となりました。
現在は請求は落ち着いているため、多くの消費者金融は危機を乗り切ったと見られます。

http://www.mbs.jp/news/sp/national/20170207/00000009.shtml

関連リンク

img-2

過払い請求とは何でどうすれば請求できるのか

よくTVのCMや街中の広告などで、過払い請求という言葉を目にすることがありますが、これは一体何なのでしょう。この過払い請求とは、以前消費者金融を利用していた人が、余分に払っていた金利の分を取り戻すことです。...

more
img-3

過払いをするときには交渉の方法を決める

消費者金融を利用したことがある人は、完済をしたあとに過払い金が発生しているか確認しておきましょう。長期間利用していたり、金利がたかい消費者金融を利用すると払いすぎた利息が発生していることがあります。...

more