img-1

過払い金に利息を付けられる可能性がある

貸金業者に対して返済をする際に支払いすぎてしまったお金となる過払い金は、誰にとってもなるべく多く返してもらいたいものとなるでしょう。



この際に確認して起きたいポイントになるのが「過払い金に利息を付けられる可能性がある」ということです。

横浜の弁護士の情報はココで集まります。

まずそもそも過払い金とは何かというと、これは「貸金業者が法律で決められている金利を超えて貸し付けをしたことで発生した支払いすぎた利息」ということになります。

京都の相続に関するお役立ち情報コーナーです。

本来であれば払う必要がない部分であったからこそ返してもらえるのですが、ポイントとなるのがこれが違法に請求されていたということです。

現在の民法第703条では不当利得の返還請求を認めており、続く第704条では「悪意の受益者は、その受けた利益に利息を付して返還しなければならない」と規定しています。

京都の離婚情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

噛み砕いて言うと「違法であることを知りながら利益を得たのであれば、それによって損をした人に利息を付けて返さなくてはならない」ということです。

しっかりとした京都の離婚情報を厳選して紹介しています。

そのためもし貸金業者が過去に違法であると知りながら金利を設定していたのであれば悪意の受益者となりますから、利息を付けて返さなくてはならないということになります。また民法第404条では「利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は年五分とする」としていますから、年利5%の利息を請求できるということになるのです。

https://girlschannel.net/topics/keyword/%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/

ただしこうした請求をすると貸金業者は「貸金業法第43条のみなし弁済の制度が適用されると考えていた」と説明し、法律を間違えていただけで悪意を持っていたわけではないと主張するでしょうから、過払い金の返還について裁判になる可能性があります。

https://matome.naver.jp/odai/2142684979008374201

判例を見る限り利息が認められる可能性は高いとはいえ、もし裁判にかかる手間が大きいと感じるのであれば利息を付けずに請求して決着させるのも手になるでしょう。

http://smany.jp/971

関連リンク

img-2

過払いをするときには交渉の方法を決める

消費者金融を利用したことがある人は、完済をしたあとに過払い金が発生しているか確認しておきましょう。長期間利用していたり、金利がたかい消費者金融を利用すると払いすぎた利息が発生していることがあります。...

more
img-3

過払い金が発生した原因

貸金業法が2010年に改正されたことによって、「グレーゾーン金利」が撤廃されることとなりました。日本には2つの金利を定める法律がありました。...

more