img-1

過払い金返還請求に関して

過払い請求とは、債務整理の方法の一つであり、すでに返済が済んでいる過去の債務と現在返済中の債務の両方に適用でき、但し、返済中の債務がある場合、過払い分の金利が払い戻されることはなく、残債から相殺されることが多く、過払い請求をした場合その後の借り入れについては消費者金融側が実行しないことが多く、頻繁に借り入れを利用する人は、何らかの対策を練っておく必要があります。

過去に消費者金融の利用歴がある人で、返済終了から10年未満の人であれば、払い過ぎた金利が取り戻せます。


法定金利上限は20%で、利息制限法により定められており、これを超過した金利で貸出を行なった場合、過払い金の返還請求が申し立てられます。とは言え、消費者金融相手に素人が言ったところで相手にされないと思う人も多いでしょう。
しかしながら、返済時の内容が分かる書類があれば、自身で裁判所に申し立てることは可能です。
自信が無い人は、法律家に依頼することが良いでしょう。


とり戻された金利内で、報酬料支払いが可能ですが、弁護士の場合、着手金や相談料に成果報酬などが掛かり、手間のかかる内容の場合、追加報酬を求めることもあり、さらに過払い請求が可能となってから、弁護士の中にはそれをビジネスの柱として依頼人をターゲットとする人もいるため、安易な依頼をせずに、司法書士にも相談することが良いでしょう。


司法書士の場合、相談料や着手金が不要で報酬料も低いです。

新宿の不動産の相続のホームページをチェックしましょう。

相続放棄の最新情報が揃っています。



多角的な視点から京都の相続の情報が豊富です。

相続放棄の費用をご紹介します。

http://talk.m3q.jp/?comment_id=97&page=739

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD04H03_U7A200C1CN8000/

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11149434981

関連リンク

img-2

実は期限のある過払い金請求

過去にグレーゾーン金利で借り入れをしていた人は過払い金が発生している可能性があります。20%以上の金利をとられていた場合は間違いなく過払い金があると考えて良いでしょう。...

more
img-3

過払いをするときには交渉の方法を決める

消費者金融を利用したことがある人は、完済をしたあとに過払い金が発生しているか確認しておきましょう。長期間利用していたり、金利がたかい消費者金融を利用すると払いすぎた利息が発生していることがあります。...

more