img-1

過払い金について説明します

最近テレビコマーシャルなどで、過払い金などの言葉を聞く機会が増えています。

多くは、弁護士法人や行政書士事務所、司法書士事務所などのテレビコマーシャルですが、過払い金とはどんなものかご存知でしょうか。


過払い金とは、消費者金融でのキャッシングやクレジットカードの利用でお金を借りた時に発生した利息を払い過ぎていた事を指します。

どうして、利息の払い過ぎが発生するのでしょうか。


そもそも、お金を貸すときの利息は利息制限法の上限である18パーセントが上限と定められてきました。

しかし、一部の金融機関により、出資法の上限金利である29.2パーセントを利息として徴収していた事があります。
ですので、その差額が発生していた場合は過払い金が生じていたとみなされて、その差額分を金融機関に請求する事ができるのです。
しかし、その手続きは難しいこともあり、多くの方が弁護士法人や行政書士事務所、司法書士事務所などに手続きを代行しています。

完済している場合は、請求するのに時効があります。完済してから、10年以上経過している場合は時効が発生してしまい、過払い金があったとしても、請求する事ができなくなります。
現在、支払い中の方でも場合によってはお金が返ってきたり借入残高をぐっと減らす事が出来るかもしれません。


簡単な手続きと申し込みで、キャッシングの残高を減らす事ができますので心当たりのある方は是非、専門家へ相談してみてはいかがでしょうか。

横浜の弁護士に関してお困りですか。

神戸の相続を知りたいならこちらです。

千葉市の弁護士の情報検索ができます。

京都の相続の情報を多数ご用意したサイトです。

幅広い分野の視点から神戸の相続に関する良い情報をご紹介するサイトです。

http://www.mbs.jp/news/sp/national/20170207/00000009.shtml

http://news.livedoor.com/article/detail/12590601/

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170130/Cobs_581235.html

関連リンク

img-2

過払い金請求にかかる費用

過払い金とは、利息制限法を超える金利で貸付を受けたために発生した、本来は返済する必要のなかった超過利息分のお金のことです。そんな過払い金を債務整理で返還請求することが可能です。...

more
img-3

過払い金が発生した原因

貸金業法が2010年に改正されたことによって、「グレーゾーン金利」が撤廃されることとなりました。日本には2つの金利を定める法律がありました。...

more