img-1

実は期限のある過払い金請求

過去にグレーゾーン金利で借り入れをしていた人は過払い金が発生している可能性があります。

20%以上の金利をとられていた場合は間違いなく過払い金があると考えて良いでしょう。ただし過払い金請求には期限があるのです。期限を過ぎてしまうといくら過払い金があったとしても請求手続きを行うことができません。

請求手続きができるのは、完済してから10年以内となっています。
これは時効が10年と定められているためです。契約がまだ継続していたとしても、途中で完済した期間が1日でもあればその時点で、完済した債務に対する請求権の時効が発生します。
つまりおまとめローンや借り換えで他社から金利の低いローンに切り替えた場合、時効が発生してしまっている可能性が高いのです。


これはおまとめローンのデメリットでもあります。


契約と借り入れが継続している状態であれば、時効は発生しません。

過払い金請求をすることで、現在ある借金が全てなくなったり、お金が戻ってくるケースもあります。特に古くから借り入れを行っていた人は戻ってくる金額も大きくなる傾向があります。
1000円未満の借り入れは金利も支払期限も発生しない無利息残債として扱われますが、1円でも借入残高が残っていれば時効は発生しません。
もし請求を起こすのであれば早めに、弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。成功報酬制となっているところが多いため、戻ってくる金額以上の費用がかかることはありません。

横浜の法律事務所の専門サイトのこちらです。

京都の弁護士関する情報選びといえばこちらのサイトです。

不動産の弁護士に関する情報を公開中です。





https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3050414.html

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/dir/list/d2078297958

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8292903.html

関連リンク

img-2

過払い金が発生した原因

貸金業法が2010年に改正されたことによって、「グレーゾーン金利」が撤廃されることとなりました。日本には2つの金利を定める法律がありました。...

more
img-3

過払い請求とは何でどうすれば請求できるのか

よくTVのCMや街中の広告などで、過払い請求という言葉を目にすることがありますが、これは一体何なのでしょう。この過払い請求とは、以前消費者金融を利用していた人が、余分に払っていた金利の分を取り戻すことです。...

more