img-1

過払い金請求で気をつけたい事

過払い金という言葉を知っていますか。過払い金とは、消費者金融などでキャッシングをした際に発生した利息を払い過ぎてしまう現象の事です。


しかし、どうして利息を払い過ぎてしまうのでしょうか。


通常、金融機関からお金を借りる時には、利息制限法という法律が適応されます。利息制限法では、10万円から100万円未満の場合、18パーセント。

100万円以上の場合には15パーセントと貸付け金利の上限を定めています。
しかし、多くの消費者金融などではこの利息制限法ではなく出資法という法律を元に、貸付け金利を設定しました。

出資法の上限金利は、29.2パーセントと利息制限法の金利よりも圧倒的に高い金利となり、その差額が払い過ぎた金利となるのです。
裁判所でも、この差額については返還しなければならないと判例が出され、過払い金請求という手続きが多くとられるようになったのです。

消費者金融などでキャッシングを受けており、過払い金があるのではないかと心当たりのある方に気をつけていただきたいのが、請求には時効があるという点です。


完済してから10年が経過している場合、いくら払い過ぎている金利があったとしても請求する事は出来なくなります。
また、手続きには専門的な書類や手続きが必要になる事が多いため、専門家の力を借りるとスムーズに行う事が出来るでしょう。


テレビコマーシャルなどでも、良く耳にする弁護士法人や司法書士事務所、行政書士法人などがその代表です。



独自性の高い家賃の弁護士を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

相続放棄のための相談情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

千葉市の弁護士情報もきっとあるはずです。

京都の相続について知りたいならこちらのサイトは便利です。

https://matome.naver.jp/odai/2148453251396392901

http://www.sankei-digital.co.jp/advertising/pdf/hottopics/201602.pdf

https://okwave.jp/qa/q8369737.html

関連リンク

img-2

過払い金返還請求に関して

過払い請求とは、債務整理の方法の一つであり、すでに返済が済んでいる過去の債務と現在返済中の債務の両方に適用でき、但し、返済中の債務がある場合、過払い分の金利が払い戻されることはなく、残債から相殺されることが多く、過払い請求をした場合その後の借り入れについては消費者金融側が実行しないことが多く、頻繁に借り入れを利用する人は、何らかの対策を練っておく必要があります。過去に消費者金融の利用歴がある人で、返済終了から10年未満の人であれば、払い過ぎた金利が取り戻せます。...

more
img-3

過払い金に利息を付けられる可能性がある

貸金業者に対して返済をする際に支払いすぎてしまったお金となる過払い金は、誰にとってもなるべく多く返してもらいたいものとなるでしょう。この際に確認して起きたいポイントになるのが「過払い金に利息を付けられる可能性がある」ということです。...

more