img-1

過払い請求とは何でどうすれば請求できるのか

よくTVのCMや街中の広告などで、過払い請求という言葉を目にすることがありますが、これは一体何なのでしょう。

千葉の弁護士が有名になってきました。

この過払い請求とは、以前消費者金融を利用していた人が、余分に払っていた金利の分を取り戻すことです。

便利な神戸の相続放棄に関する情報をまとめました。

ではなぜ、消費者金融の利用者は金利を余分に払っていたのでしょうか。


それはその当時の法律の仕組みにあります。

京都の交通事故関連のノウハウを解説します。

元々利息制限法という法律で、金利は20パーセントと定められていたのですが、もし20パーセントを超えても、29.2パーセントまでであれば罰則規定がなかったため、多くの消費者金融では、20パーセント以上の金利がつけられていました。しかし2000年代後半にこれが最高裁判決で問題視され、利用者の間から余分に払っていた金利を取り戻す動きが起こるようになりました。

千葉県の弁護士の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

これが過払い請求です。

新宿の不動産の弁護士の有益情報を見つけよう。

最終取り引きが過去10年以内であれば、今でも請求することは可能です。

http://news.mynavi.jp/column/souzokujissai/004/

自分で計算して請求することも可能ですが、消費者金融側との交渉があるため、できれば弁護士または司法書士に依頼するといいでしょう。
また消費者金融を監督する貸金業法も、最高裁判決を受けて改正を余儀なくされるようになりました。
そして2010年には改正貸金業法が施行され、金利は20パーセントまでとされて、これに反した業者は処罰対象となっています。

http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA000085VUF

ですから、改正貸金業法施行後の借り入れについては過払いが発生しません。

https://okwave.jp/qa/q6298112.html

従って過払い請求もできませんので、その点に注意しておきましょう。


関連リンク

img-2

過払い金返還請求に関して

過払い請求とは、債務整理の方法の一つであり、すでに返済が済んでいる過去の債務と現在返済中の債務の両方に適用でき、但し、返済中の債務がある場合、過払い分の金利が払い戻されることはなく、残債から相殺されることが多く、過払い請求をした場合その後の借り入れについては消費者金融側が実行しないことが多く、頻繁に借り入れを利用する人は、何らかの対策を練っておく必要があります。過去に消費者金融の利用歴がある人で、返済終了から10年未満の人であれば、払い過ぎた金利が取り戻せます。...

more
img-3

過払いをするときには交渉の方法を決める

消費者金融を利用したことがある人は、完済をしたあとに過払い金が発生しているか確認しておきましょう。長期間利用していたり、金利がたかい消費者金融を利用すると払いすぎた利息が発生していることがあります。...

more