自動車の夜間運転の安全性を高めるLEDの弱点

自動車の前照灯への発光ダイオードの導入により、従来のハロゲンライトやディスチャージ、キセノンライトなどの一灯による前照灯に比べ、複数の光軸を設定する事が可能となり、高速運転時やコーナリング時などに複数の配光を制御して運転を支援出来る様になっています。

ハイビームコントロールシステムは、S-CAMなどのカメラが反対車線や前方の車の有無を視認して、
ロービームとハイビームをシステムで切り換え、運転に集中出来る様になっています。

アダプティブヘッドライトなどの最新の前照灯システムでは、前方に車を検知すると即時に前照灯を切り換える為に遠方の視界が暗くなるハイビームコントロールシステムの欠点が改良されています。

発光ダイオードは、光が拡散する事無く直進するする事や長寿命、低電力消費など多くの利点があり、
発光ダイオードの光源から発生される光には熱を含まない事から美術館や博物館の展示用照明などに使われていますが、
消費電力の約80%が発光ダイオード素子で熱に変換される為に、高出力型の発光ダイオード照明には効果的な放熱機能が不可欠となっています。

自動車の前照灯の様に極狭小の密閉空間の場合は、特に熱を放熱する必要があります。

発光ダイオード照明の放熱対策として、アルミニウムの鋳物品や金属製の放熱部品が使用されていますが、発光ダイオード照明の高出力化に伴い放熱部品の大型化と重量の増加が問題視されています。

又、自動車用の発光ダイオード照明には、高い耐震性能が必要とされています。
ラッピングカーの業者を選ぶ時には値段も考慮しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です