電気自動車の課題ついて

世界的に注目を集める電気自動車には、いくつかのデメリットがあります。

まず、一度に走れる距離が短いことです。

一般的なガソリン車は、給油をすれば500km以上続けて走ることができます。

一方電気自動車は、最も売れている日産リーフでも228kmです。エアコンやヒーターを使用すると、走行距離が半分に落ち込みます。また寒い土地や坂道での運転は、多くのエネルギーを使うため、さらに走行性能を落としてしまいます。

この問題を解決するのに、電池性能の向上が挙げられます。従来技術の1.5倍の容量を持ったリチウムイオン電池の試作に成功しており、各メーカーが技術を取り入れて開発しようと動いています。

NEDOでは、2020年にはリチウムイオン電池のエネルギー性能を現在の2.5倍に引き上げる一方で、価格を5分の1まで下げると計画しています。

次に、車両価格が高額であることです。補助金を使うことができますが、それでも300万円程度かかります。

交流式モーターとリチウムイオン電池を搭載した電気自動車が普及しておらず、大量生産ができないので安くで販売できません。

また他の国と比較すると、補助金が少ないと指摘されています。さらに、リチウムイオン電池が安全性を不安視する声もあります。

実際にリチウムイオン電池を利用した携帯電話やノートパソコンが爆発する事故が起きています。
リチウムイオン電池は電圧制御や衝撃の防止などを怠ると、発火する危険があります。
ラッピングカーがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です