自動車の色は何色が良いのか

自動車を購入するとき、色を選ばなければなりません。

用意されている色の中から、自分の好きな色を選べば良いのですが、人気があるのは白、黒、そしてシルバーです。

その中でも白は全体の25%を占めています。人気色を選んでおくと、売却するときにも有利で、逆に不人気の色を選んでしまうと、買取価格が大きくダウンしてしまうこともあるので要注意です。

では、なぜこの白色の自動車に人気があるのでしょうか。世界的には、実は白は必ずしも人気のある色ではないのです。というのも工場出荷前の安っぽいイメージがあるからです。

そのはっきりした理由が解明されているわけではありませんが、
日本人は白のクリーンなイメージに良い印象を持つ人が多いとか、パソコンが普及しはじめたころ、
白色で作られることが多かったことから、白にインテリジェンスを感じる人が多いという説などがあるようです。

また、メーカーも積極的に白色のクルマをプロモーションしていることが多いというのもあるかもしれません。

また、自動車メーカーによって似合う色があります。たとえば、マツダやフェラーリなどは赤、メルセデスはシルバーなどです。車種ごとにもイメージカラーが必ず設定されています。

イメージカラーは白よりも、少しインパクトのある色が設定されることが多いようです。女性向けのクルマには、ピンクやグリーン、ファミリーカーには爽やかさブルーなどが設定されることもあります。このイメージカラーのクルマも、売るときには高値になって有利です。
ラッピングカーはクオリティの高いものが増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です