電気自動車の充電方法

電気自動車を充電する方法には、普通充電と急速充電の2種類があります。

まず普通充電とは、一般家庭で普段使っているコンセントにケーブルを接続して充電することです。

100Vや200Vの電源を使います。100Vの充電で1時間およそ10km、200Vで1時間およそ20km走行可能です。充電時間の短い200Vの充電器が効率良く充電します。

200Vだと、バッテリーが残り少ない状態から充電が完了するまでの時間は7~8時間です。

よって寝ている間に電気自動車に十分な電気を与えます。またパソコンやスマートフォンを使って遠隔操作ができるものもあります。

充電時間をタイマーでセットすれば自動で充電されます。漏電などに備えて、コンセントのプラグは一般社団法人日本配線システム工業会で規格化されています。充電方法は、コンセントと電気自動車の充電口に充電ケーブルをつなぐだけです。

コンセントが抜けたり外れたりするのを防ぐために、差し込むとロックがかかる構造のものがあります。

次に急速充電は、外出先にバッテリーが足りないときに有効です。電気自動車のバッテリーに高電圧、高電流で電気を供給します。

短時間で充電できるメリットがあります。バッテリーメーカーによって異なりますが、一般的にバッテリーがほぼない状態から80%まで充電するのに30分程度で済みます、使い方は普通充電と同じです。

一部のガソリンスタンドやショッピングセンターなどが国の補助金を受けて設置しています。ラッピングカーについても調べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です