img-1

過払い請求の手順について

過払い請求は個人で行う事も可能ですが、素人が行うと貸金業者は低い額で和解を求めるケースが多いと言われている事や、取引履歴の開示請求、引き直し計算、そして返還請求と言った具合に、手間や苦労を強いられることからも弁護士や司法書士に依頼をして過剰利息を取り戻すと言った人が増えています。


過払い金が発生しているかどうかは取引履歴に記載されている金利を利息制限法の上限金利に置き換えて計算を行う引き直し計算をする事で明確になります。
弁護士や司法書士に依頼をする場合、貸金業者一件当たりの手数料や過払い金に応じた報酬を支払う事になりますが、全ての業務を依頼出来るなどのメリットが有ります。

取引履歴の開示請求は弁護士や司法書士に対し、委任状を提出した後に速やかに行って貰う事が出来ます。
また、取引履歴の開示が行われた後は引き直し計算を行い、過払い金の額を求めた上で貸金業者に対して返還請求を行うと言う流れになりますが、この場合でも和解案と言う形で提示が行われるケースが多いと言われており、和解案では納得が出来ないなど場合は、提訴を行って過剰利息の返還請求も可能です。

尚、和解案が提示され、それでは納得が出来ない事を貸金業者に対して伝える必要が有ります。
これについても弁護士などが代理人となって行ってくれるのですが、この時新たな和解案が提示されて納得出来る金額の場合は、貸金業者から上申書に和解する必要が在ります。

この場合は出廷期日までに簡易裁判所に出向く必要が有ります。



千葉の弁護士の新しい情報です。



大阪の相続について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

大阪の相続の情報が欲しい方必見です

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1110492.html

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170223/zuuonline_138699.html

http://getnews.jp/archives/1592625

関連リンク

img-2

過払い金返還請求に関して

過払い請求とは、債務整理の方法の一つであり、すでに返済が済んでいる過去の債務と現在返済中の債務の両方に適用でき、但し、返済中の債務がある場合、過払い分の金利が払い戻されることはなく、残債から相殺されることが多く、過払い請求をした場合その後の借り入れについては消費者金融側が実行しないことが多く、頻繁に借り入れを利用する人は、何らかの対策を練っておく必要があります。過去に消費者金融の利用歴がある人で、返済終了から10年未満の人であれば、払い過ぎた金利が取り戻せます。...

more
img-3

過払い金請求で気をつけたい事

過払い金という言葉を知っていますか。過払い金とは、消費者金融などでキャッシングをした際に発生した利息を払い過ぎてしまう現象の事です。...

more